/

この記事は会員限定です

環境相「再生エネ普及に交付金、22年度創設目指す」

自治体支援へ新法も検討

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】気候変動問題に関する閣僚級会合出席のため訪英した小泉進次郎環境相は26日、日本経済新聞のインタビューで、2022年度に再生可能エネルギーを導入した自治体を支援する新たな交付金の創設を目指す方針を明らかにした。地方の再生エネ投資を促すために、新法を検討する考えも示した。

経済産業省が21日に示した新たなエネルギー基本計画の原案では、19年度時点で総発電量の18%にとどまる再生エ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン