/

ナワリヌイ氏を刑務所に収監、ロシア当局

ロシア当局はナワリヌイ氏を刑務所に移送した(写真は2日、モスクワ)=裁判所提供・ロイター

【モスクワ=小川知世】ロシアの刑務当局は26日、反体制派指導者ナワリヌイ氏がモスクワ市内の拘置所から移送されたと認めた。収監先は明らかにしていない。ロシア通信が伝えた。収監期間は2年6月と予定されている。政権側はナワリヌイ氏の影響力を長期的に封じたい考えだ。

ナワリヌイ氏の移送は25日に同氏の弁護士が明らかにしていた。刑務当局の幹部は同氏の安全や健康に対する脅威はないと主張している。欧州連合(EU)のミシェル大統領は同日、改めてナワリヌイ氏をめぐるプーチン政権の対応を非難し、即時解放を訴えた。

ナワリヌイ氏を巡っては政権が毒殺を図った疑いがある。1月に療養先のドイツから帰国直後に身柄を拘束され、釈放を求める抗議が全国で広がった。裁判所は2月に同氏が過去に受けた執行猶予判決を実刑に切り替える決定を言い渡した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン