/

ウクライナで「クーデター企図の情報」 大統領が発言

【モスクワ=石川陽平】ウクライナのゼレンスキー大統領は26日の記者会見で「わが国で12月1日にクーデターがあるとの情報を得た」と明らかにした。ウクライナと対立するロシアが、ゼレンスキー政権と政商との関係悪化を利用し、背後で政変を画策しているとみている。ウクライナの通信社ウニアンなど同国メディアが伝えた。

クーデター企図の情報に関し、ゼレンスキー氏は「ウクライナの代表者たちがロシアの代表者たちと(ウクライナの有力な新興財閥を率いる)リナト・アフメトフ氏のクーデターへの参加について話し合っている」と指摘した。情報機関からの情報や、音声の録音データも得ていると語った。

ゼレンスキー氏は、ロシアがアフメトフ氏の側近と組んで同氏を「国家に対する戦争」に引き込もうとしていると批判した。ウクライナとロシアはウクライナ東部紛争やクリミア半島の問題などを巡って激しく対立している。ロシア軍が現在、ウクライナとの国境地帯に集結しているとの情報もある。

クーデター情報の背景には、ゼレンスキー政権と「オリガルヒ」と呼ばれる新興財閥トップの政商たちとの対立があるとみられている。ゼレンスキー氏は5日、政商の政治への影響力を排除する「反オリガルヒ法」に署名した。アフメトフ氏ら新興財閥トップがこれに反発していると報じられていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン