/

ロシア、ウラジオストクの日本総領事館員を一時拘束

(更新)

ロシア連邦保安局(FSB)は26日、金銭を支払って配布が規制されている情報を入手するスパイ活動をしたとして、極東ウラジオストクの日本総領事館の領事を拘束したと明らかにした。この領事は「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからぬ人物)」と宣告された。日本政府によると、領事は既に解放された。

ロシア外務省は26日、在ロシア日本大使館の大使館員を召喚し、在ウラジオストク日本総領事館の領事の行為について「ロシアの安全保障上の利益に損害を与える」と抗議し、48時間以内にロシアから出国させるよう通告した。

この領事が入手したのは、アジア太平洋地域のある国とロシアの協力や欧米による対ロシア制裁が極東・沿海地方に与える影響に関する情報だとしている。

タス通信によると、FSBは26日、この領事がロシアの法律に違反したことを理解していると語っているとする映像を公表した。この映像には領事がレストランでロシア国籍の人物と会い、振り返っている光景も含まれているという。

在ロシア日本大使館は26日、ウラジオストクの総領事館館員1人が国外退去の要請を受け取ったことを確認した。そのうえで、領事官を拘束して取り調べをすることは、「領事官の身体の不可侵」などを定めた領事関係に関するウィーン条約の規定に明白に違反しているとして、決して受け入れられないと反論した。

さらに、館員が不当な理由で国外退去を要求されたことに遺憾の意を示し、ロシア外務省に厳しく抗議したと述べた。

ロシアによるウクライナ侵攻で日ロ関係は悪化している。ロシア外務省は4月下旬、ロシアに駐在する日本外交官8人の国外退去を通告した。侵攻を巡り日本政府が在日ロシア大使館の外交官ら8人を国外追放したことへの報復措置だった。

ニューズレター

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン