/

この記事は会員限定です

英の手数料ゼロ証券、22年に日本進出 フリートレード

[有料会員限定]

【ロンドン=篠崎健太】英国で手数料ゼロの証券売買サービスを手掛けるフリートレードが、2022年にも日本へ進出する。東京証券取引所に上場する日本株に加え、英米や欧州の主要株式を取引できるようにする計画だ。欧米では株取引のスタートアップが割安な手数料体系で個人投資家の裾野を広げている。海外勢の参入が進めば競争は激しさを増す。

創業者のアダム・ドッズ最高経営責任者(CEO)が日本経済新聞の取材で明らかに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り571文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン