/

この記事は会員限定です

ロシア首相が北方領土訪問 プーチン大統領の思惑

「特区創設」検討、平和条約交渉へ誘い

[有料会員限定]

【モスクワ=石川陽平】ロシアのミシュスチン首相が26日、北方領土の択捉島を訪れ、関税や法人税を免除する特区を創設する方針を明らかにした。プーチン大統領は特区を日本との共同経済活動を実現する呼び水とする考えだが、当然、日本政府は抗議した。反発を承知で首相を択捉島に向かわせたプーチン大統領の「計算」を考察すると、「中国」というキーワードが浮かび上がる。

「これ(特区)はまさに日本にとって興味深いものに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン