/

この記事は会員限定です

ドイツのメルケル氏後継選び、英米保守が反面教師

欧州総局編集委員 赤川省吾

[有料会員限定]

番狂わせは起きなかった。ドイツの保守系与党キリスト教民主同盟(CDU)の党首になったのはメルケル首相に近い本命ラシェット氏。右傾化した英国や米国の保守政党を反面教師として、リベラル派のリーダーを選んだ。9月の連邦議会選までに競合する「緑の党」から票を奪えるかがラシェット政権実現の鍵を握る。

「典型的なラインラント人」。現在、同国で人口が最も多いノルトライン・ウェストファーレン(NRW)州の首相でも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1579文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン