/

中国外相、ウクライナ巡り交渉再開求める 仏政府と協議

【パリ=白石透冴】フランス大統領外交顧問のボンヌ氏と中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外相は25日、ロシアが侵攻したウクライナ情勢について電話協議した。仏大統領府によると、王氏は関係国が交渉を再開し、市民の犠牲がこれ以上出ないようにすべきだなどと語った。

王氏はウクライナを含む全ての国の主権を重視すべきだと主張し、ウクライナとロシアの対話を目指すフランスの方針に敬意を示した。中国は侵攻問題についてロシアを露骨に批判することは避けながらも、事態の鎮静化を目指すことを呼びかける立場を取っている。

ボンヌ氏はここまでフランスが戦争を避けるために努力を進めてきたこと、国際法を破ったのはロシアであることなどを王氏に説明した。

王氏は24日にロシアのラブロフ外相とも電話協議し「対話と交渉を通じて持続可能な欧州の安全メカニズムを最終的に形成すべきだ」と自制を求めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン