/

ロシア軍、キエフ近郊で交戦 進軍阻止へウクライナ抵抗

(更新)

【モスクワ=桑本太、ワシントン=坂口幸裕】ウクライナの首都キエフ周辺で同国軍とロシア軍の交戦が続いている。ロシアは25日にキエフの西側を封鎖して包囲網を敷き、ウクライナも進軍阻止へ抵抗する。両国が停戦交渉に応じる構えをみせる一方、26日未明にはキエフ上空で爆発があったと報じられた。米高官は「陥落は現実的」とみるなど情勢は緊迫度合いを増している。

ウクライナのゼレンスキー大統領は25日深夜(日本時間26日朝)に国民向けのビデオ演説で「(ロシア軍が)攻撃をしかけてくるだろう」とキエフ侵攻に危機感を示した。「首都を失ってはならない」とも訴え、国民に団結を呼びかけた。

米CNNは26日未明にキエフ上空で爆発音や銃声が聞こえたと報道した。キエフの西部と南部で爆発したとみられる。

ロシア軍はウクライナの北、東、南の3方向から侵攻している。ウクライナメディアによると、25日にはブチャなどキエフ近郊で、ウクライナ軍と侵攻してきたロシア軍の間で激しい戦闘が発生。ウクライナ軍は首都につながる橋を破壊するなどして、進軍を遅らせようとしている。

ロシア軍によるミサイル攻撃で、キエフでは25日に空襲警報が発令された。ウクライナ側はキエフ上空でロシア軍の巡航ミサイルを迎撃したとしている。

インタファクス通信によると、ロシア軍は25日、キエフ北西の郊外にあるホストメリの空港を制圧した。戦闘でウクライナの特殊部隊200人以上が死亡したという。ロシア国防省は「キエフは西側から封鎖された」と述べた。

キエフから約250キロメートル離れた北東部のコノトプをロシア軍が占拠するなど、複数都市の制圧や封鎖が進んでいる。ロシア国防省は25日に飛行場や地対空ミサイルシステムを含む累計118の軍事施設を破壊したと発表した。

ウクライナは抵抗を続けている。同国メディアは26日、軍高官の話としてキエフの南方の上空でロシアの軍用輸送機を撃墜したと伝えた。ウクライナ兵がキエフ中心部につながる橋や道路で銃を構えて迎撃態勢を取る様子も報じられた。

ロシア軍の侵攻が進むなか、停戦に向けた交渉の動きが出ている。

ウクライナの大統領報道官は25日深夜、ロシアと停戦を協議する用意があるとフェイスブックに投稿した。協議場所や日時などを交渉しているという。ウクライナの安全を保証することなどを求めるとみられる。

ロシアのペスコフ大統領報道官は25日、モスクワで記者団に「プーチン大統領はミンスクに代表団を送る用意がある」と述べ、停戦交渉に応じる構えをみせていた。

ただ、交渉の実現には曲折が予想される。ロシアのラブロフ外相は25日の会見で、「ロシアはウクライナと対話する用意があるが、ウクライナ軍が武装を解除した後でなければならない」と述べた。交戦中は対話の余地はないとの考えを示した。

ロシアは引き続きキエフへの歩みを強めることでウクライナに圧力をかけ、交渉を有利に進める思惑があるようだ。

米ホワイトハウスのサキ大統領報道官は25日の記者会見で、キエフについて「陥落は現実的な可能性がある」と述べた。バイデン政権はプーチン氏が親欧米派のゼレンスキー氏ら現政権の有力者を一掃し、親ロ派のかいらい政権樹立を画策していると警戒する。サキ氏は「国家元首を狙うのはロシアの指導者による恐るべき行為だ」と批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン