/

供給網混乱で生産休止、ルノーはロシア VWもドイツで

【フランクフルト=深尾幸生】仏ルノーは2月28日からロシアでの自動車生産の一部を停止する。独フォルクスワーゲン(VW)も3月1日などから独東部の2工場を休止する。ウクライナから部品が入ってこないためだ。それぞれ現地メディアが報じた。ロシアのウクライナ侵攻によるサプライチェーン(供給網)への影響が顕在化してきた。

ロイター通信によると、ルノーの生産休止はルノーのロシア法人が25日に発表した。部品供給の一部が停止しているためで2月28日から3月5日までモスクワの工場での生産を止める。ルノーにとってロシアはフランスに次ぐ第2の市場で、世界販売全体の約2割を占める。

VWは電気自動車(EV)の主力工場である独東部のツウィッカウとドレスデンでの生産を3月4日まで3~4日間休止する。ドイツ通信などが報じた。ウクライナで生産されるワイヤハーネス(組み電線)などの部品の供給が不足しているためだという。

ウクライナでは住友電気工業やフジクラがワイヤハーネス工場を停止することを明らかにしている。VWは21年にロシアを含む東欧で全体の約7%にあたる約65万台を販売した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン