/

EU、域内移動の制限撤廃勧告 ワクチン接種なら2月から

(更新)

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)は25日の総務理事会で、新型コロナウイルスに関連する移動ルールに関する勧告を採択した。ワクチンを接種していれば、到着後の隔離や追加の検査をせずにEU域内を自由に移動できることを確認した。

EUでは新型コロナの変異型「オミクロン型」の感染拡大を機に、イタリアなど一部の加盟国がワクチン接種に加え、PCR検査などを求める措置をとっている。EUは移動の自由を損なうとして取りやめるよう求めていた。2月1日から効力を発する。

ワクチンの接種率があがり、オミクロン型の感染が重症になるケースが少ないことが分かりつつあることを踏まえた措置だ。2月以降は、EUの専門機関、欧州疾病予防管理センター(ECDC)が示す最も感染状況の悪い地域では追加措置をとることは可能という。

多くのワクチンで、2回の接種を終えてからの有効期限は9カ月となる。今回の勧告は義務ではなく、出入国の権限は加盟国にある。一部の国では追加の措置が残る可能性がある。

EUは2021年7月からワクチン接種などを記録するデジタルCOVID証明書制度を導入した。ワクチン接種や、感染してからの回復、PCR検査の結果がスマートフォンなどに記録され、空港などで提示する仕組み。

新型コロナ特集ページへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません