/

スエズ運河遮断、長期化に懸念 「数週間」指摘も

think!多様な観点からニュースを考える
座礁した「エバーギブン」が動けるよう周りの土を掘る重機(25日、スエズ運河庁提供)=ロイター

【カイロ=久門武史】国際海運の要衝、エジプトのスエズ運河で座礁した大型コンテナ船が航路を塞いでいる問題で、復旧作業の長期化に懸念が広がっている。座礁から3日近くになるが、解決のメドは立っていない。航路再開まで数週間かかる可能性を指摘する声が出ている。

台湾のエバーグリーン・マリンが運航するコンテナ船「エバーギブン」が座礁した現場では、25日も離礁させる試みが続いた。スエズ運河庁が接岸した船首の周りの土を重機で掘り、タグボートや土砂をさらうしゅんせつ船を投入した。エバーギブンの技術管理を担うベルンハルト・シュルテ・シップマネージメントは再浮上させる作業を実施したが、進展の情報はない。

座礁や衝突に遭った船を救助するサルベージ業界からは、早期の解決を疑う声も上がる。オランダのロイヤル・ボスカリス・ウエストミンスターのベルドウスキ最高経営責任者(CEO)は「数日から数週間」かかる可能性があると24日の蘭テレビ番組で述べた。座礁船を「砂浜の上の巨鯨」とたとえた。

エバーギブン(22万4千トン)は全長400メートル、全幅59メートルと世界最大級のコンテナ船だ。AP通信は25日、荷降ろしを迫られる可能性に運河庁当局者が言及したと伝えた。船を軽くするためコンテナを降ろすとなれば、さらに時間がかかるのは避けられない。

ロイター通信によると、早期の復旧に向け日本サルヴェージ(東京・大田)とボスカリス傘下の蘭スミット・サルベージが起用された。専門家集団の増強なしには、事態の打開が難しいことを示している。

スエズ運河庁は25日、作業完了まで運河内の通航を停止すると正式に表明した。再開の見通しは示していない。

スエズ運河はアジアと欧州を最短で結び、1日あたり50隻の船が通る海運の大動脈だ。運河通航の代理店によると、両端で待機する船は約150隻にのぼる。復旧に手間取れば、代替ルートを探る動きが広がりそうだ。世界の供給網への重荷になりかねない。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン