/

この記事は会員限定です

米ロ首脳会談に同意 ロシアが望む「低位安定」の関係

[有料会員限定]

【モスクワ=石川陽平】ロシアが25日、米ロ首脳会談の開催にようやく同意した。バイデン米大統領が4月13日にプーチン大統領に電話で提案してから1カ月半近くかかった。調整が遅れた背景にはプーチン政権が抱く米国への強い不信感がある。まずは核軍縮など相互に利益のある問題で実務的協力を探り、米ロ関係を安定させたい考えだ。

クレムリンに近い情報筋によると、米ロ首脳会談の調整でロシア側が最も注意を払ったのが、プ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン