/

中国外交トップ、プーチン氏と電話協議 中ロ関係を強化

習近平中国国家主席㊨とプーチン大統領は中ロ蜜月を強調している(2019年11月のBRICS首脳会議)=AP

【モスクワ=石川陽平】ロシア訪問中の中国外交トップ、楊潔篪(ヤン・ジエチー)共産党政治局員は25日、プーチン大統領と電話で協議し、あらゆる分野で中ロ関係を強化するとの習近平(シー・ジンピン)国家主席のメッセージを口頭で伝えた。6月16日に予定される米ロ首脳会談を前に、中ロ協調を確認した形だ。

プーチン大統領は南部のソチに滞在中で、楊政治局員とは電話での話し合いとなった。楊氏は25日、モスクワでプーチン氏の側近のパトルシェフ安全保障会議書記と戦略的安定に関する第16回中ロ協議を実施した。

ロシア安保会議によると、楊氏とパトルシェフ氏は、2国間関係の全面的なさらなる強化で合意するとともに、国家と地域、グローバルな水準でそれぞれ安全保障を堅持することで一致した。公正な世界秩序の形成に向けた国連の主導的役割も確認した。

中国とロシアは7月16日に善隣友好協力条約の締結から20周年を迎える。中ロがそれぞれ米国との対立を深める中で、さらに連携を強める方針だ。中国は、米国には6月の米ロ首脳会談開催で中ロ接近をけん制する狙いがあると警戒しているもようだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン