/

世界の軍事費、コロナ禍でも3.9%増 英「ミリタリー・バランス」

(更新)
パキスタンの近海で開かれた多国間軍事訓練には、米国や中国、ロシアなど40カ国以上が参加した(15日)=AP

【ロンドン=佐竹実】英国のシンクタンク国際戦略研究所(IISS)は25日、軍事情勢の報告書「ミリタリー・バランス」の最新版を発表した。2020年の世界の軍事費の合計は1兆8300億ドル(約194兆円)となり、物価変動の影響を除いた実質ベースで前年比3.9%増えた。新型コロナウイルスの世界的な大流行の中でも、前年と同程度の伸びを維持した。

米国の軍事費は7380億ドルと全体の4割を占め、2位(中国)から15位(イスラエル)までの合計とほぼ同じだった。3位はインド、4位は英国で、日本は8位だった。

アジアは10年時点では全体の17.8%だったが20年には25%を占めた。けん引するのが中国で、20年の伸び率は19年(5.9%)から鈍化したものの、5.2%だった。世界の増加額のうち、3分の2を米国と中国が占めた。

IISSは中国による南シナ海などへの海洋進出にも触れ、「沿岸地域での優位性を得ようとしている」と指摘した。中国の艦艇の数は過去5年程度で急増しており、潜水艦に対する戦力も高まっているという。

新型コロナ特集ページへ

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン