/

この記事は会員限定です

北欧2カ国にNATO加盟機運 問われる「欧州」の定義

[有料会員限定]

【ブリュッセル=竹内康雄】北欧のフィンランドとスウェーデンで北大西洋条約機構(NATO)への加盟を巡る論議が熱を帯びてきた。ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに安全保障上の危機感が高まっているためだ。一方、ウクライナが申請した欧州連合(EU)への加盟は慎重論が多く、すぐには実現しそうにない。

背景には「どこまでが欧州か」という欧州側の意識もある。

2月28日、フィンランドで注目を集める世論調査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン