/

この記事は会員限定です

ドイツで原発再延長論、野党「24年まで」 冬の稼働は承認

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

【ベルリン=南毅郎】2022年末を予定していたドイツの「脱原発」の先送りが25日、正式に決まった。連邦参議院(上院)が原発全3基の23年4月中旬までの運転延長を認める原子力法改正案を承認した。最大野党や国民からは24年まで稼働継続を求める声も強く、「23年4月以降も延長すべきだ」との主張が勢いづく可能性もある。

稼働中の南部イザール2とネッカーベストハイム2、西部のエムスラントは23年4月15日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません