/

この記事は会員限定です

予想インフレ急上昇 米国8年ぶり、欧州9年ぶり高水準

[有料会員限定]

日米欧で物価上昇が長引く兆候が出ている。人々の物価見通しを反映する予想インフレは米国が約8年ぶり、ユーロ圏は約9年ぶりの高水準だ。消費者物価指数(CPI)の上昇は一時的とみられていたが、予想インフレが2022年に入って上がり始めた。企業の製品の値付けに影響するほか、賃上げが進みやすくなる。中央銀行は難しいかじ取りを迫られる。

予想インフレは将来の物価をどう想定しているかを示す指標だ。予想インフレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン