/

この記事は会員限定です

復興支援・食料危機が課題 ダボス会議、ウクライナ一色

[有料会員限定]

【ダボス(スイス東部)=南毅郎】約2年ぶりの対面開催となった世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)は、ウクライナ問題を巡る議論で一色となっている。侵攻で被害を受けた同国の復興支援や食料危機への対応が課題との主張が相次いだ。ロシアは参加を認められず、中国もごく少数の参加にとどまるなど国際会議の「分断」も進む。

26日まで開催中のダボス会議ではウクライナのゼレンスキー大統領がオンライン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン