/

英、水際対策ほぼ撤廃 入国後の検査「もはや意味ない」

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ロンドン=佐竹実】英政府は24日、イングランド地方に入国する際の水際対策を緩和すると発表した。ワクチンを接種していれば入国後の検査を不要とする。新型コロナウイルスの「オミクロン型」の感染が落ち着いている状況では検査の意味が薄れていると判断した。

2月11日から適用する。オンラインで事前に個人情報を登録する必要があるが、ワクチンを2回接種した人については規制はほぼ撤廃されることになる。ワクチン未接種の人は、出国前と入国後の検査が求められる。

旅客減に直面する航空業界は検査をやめるよう政府に求めていた。シャップス運輸相はワクチン接種者への検査について「もはや意味が無い」と述べた。

世界的に厳しい水際対策を続ける日本とは対照的に、欧米諸国は緩和にかじを切る。国内で感染が広がっている状況では、対策の意味が薄れるためだ。むしろ観光やビジネスの往来を阻害し続けることの悪影響が懸念されている。

ジョンソン首相は24日、英メディアに「慎重でなくてはならないが感染に関するデータは改善しており、我々はオミクロンの波を乗り越えつつある。この国がビジネスや旅行者にオープンであることを示す」と述べた。

英国では新型コロナの新規感染者は9万人程度とピークの半分以下に減った。重症者もこれまでのように増えておらず、英政府はコロナ規制や水際対策を相次いで緩和している。3月には感染者の隔離の義務もなくす方針だ。

ジャビド保健相は20日、英メディアに「インフルエンザでもひどければ年に2万人もの人が亡くなるが、国を閉じたり規制をかけたりはしない。我々はパンデミック(世界的流行)からエンデミック(一定期間で繰り返される流行)への移行で欧州をリードし、コロナと共生する方法を世界に示すだろう」と述べた。

コロナをインフルエンザなどのようにエンデミックと位置づける動きは広がっている。オミクロン型は重症化率が低いほか、ワクチンが普及して治療薬も実用化されている。スペインは感染の全件把握や、軽い症状の人への検査をやめることを検討している。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン