/

この記事は会員限定です

旧ソ連モルドバ 親欧米派大統領就任

内閣総辞職で主導権確保狙う

[有料会員限定]

【モスクワ=石川陽平】旧ソ連南西部のモルドバで24日、親欧米派のマイア・サンドゥ氏(48)が新大統領に就任した。23日には内閣を総辞職に追い込み、早期の議会選実施を視野に入れた。親ロシア派が強い影響力を持つ議会で主導権を奪い、国家再建への改革を急ぐ考えだ。

モルドバでは11月15日の大統領選決選投票で、サンドゥ氏が得票率で約15ポイント差をつけ、親ロシア派で現職のイーゴリ・ドドン氏に勝利した。12...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り354文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン