/

この記事は会員限定です

フランス大統領再選 欧米、対ロシア結束を維持

ルペン氏物価対策で「善戦」 インフレ不満各国で波乱の芽に

(更新) [有料会員限定]

【パリ=竹内康雄】フランス大統領選の決選投票は24日投開票され、現職のマクロン大統領が勝利した。国際協調を重視する同氏の再選で、ロシアのウクライナ侵攻に直面する西側陣営には結束維持の安堵が広がるが、敗れた極右国民連合、ルペン氏のポピュリズム(大衆迎合主義)的な物価対策は多くの仏有権者の心をつかんだ。インフレ対策は各国共通の課題だ。ロシアや中国と対峙し、自由主義を守るため難しい経済政策運営を強いら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン