/

この記事は会員限定です

「英中銀ショック」が映す金融正常化の難路

ロンドン=篠崎健太

[有料会員限定]

11月4日、英イングランド銀行(中央銀行)が政策金利の据え置きを発表すると、利上げは堅いと踏んでいた金融市場に動揺が走った。英国債の利回りは大きく低下(債券価格は上昇)して日米欧にも波及した。主要中銀ではコロナ禍後で最初に利上げに動くとみられる英中銀が起こしたさざ波は、今後の金融正常化の難路を映す。

「ノー(変更なし)!」「ノー?」。政策発表の当日、決定内容の紙が配られるとイングランド銀に詰めてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン