/

この記事は会員限定です

「中国との投資協定批准を」ドイツ社民党元党首に聞く

欧州総局編集委員 赤川省吾

[有料会員限定]

ドイツ国防相や、全欧州の社民勢力のとりまとめ役などを歴任したドイツ社会民主党(SPD)のシャーピング元党首はドイツで対中関係の論客として知られる。欧州連合(EU)が中国の新疆ウイグル自治区における人権侵害を問題視し、対中制裁に踏み切ると、同じSPD出身のガブリエル元副首相と連名で「破壊的な対立よりも協調の道を選ぶべきだ」と独紙に寄稿した。人権を重んじる欧州で、なぜ中国配慮ともとれる発言をするのか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン