/

この記事は会員限定です

IAEA、イランと査察交渉難航も 核合意の再建に影

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】国際原子力機関(IAEA)とイランの査察交渉に暗雲が垂れこめている。IAEAのグロッシ事務局長は23日、イランで同国のアブドラヒアン外相らと協議したが、大きな進展はなかった。イランは査察に後ろ向きな姿勢を変えておらず、29日に再開する核合意の再建協議も難航が避けられない。

イランにおける核関連施設の監視や検証活動は現状では極めて限られており、IAEAは核開発の全容把握が難し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1027文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン