/

この記事は会員限定です

東西冷戦再来、中国の出方焦点に ダボス会議で議論 

(更新) [有料会員限定]

【ダボス(スイス東部)=中島裕介】2年ぶりに開催中の世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)では、ロシアの軍事侵攻をきっかけに冷戦が再来するかどうかや、今後のロシアに対する中国のスタンスが主要な議論となった。

「今行われている制裁は平和を維持するために、何十年も機能すべき圧力の前例だ。価値観は重要でなくてはならない」。ウクライナのゼレンスキー大統領は23日のダボス会議でのオンライン演...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン