/

トルコ、仮想通貨業者ら60人超を拘束 詐欺の疑い

通貨が不安定なトルコでは仮想通貨投資への人気が高い(イスタンブール)

【イスタンブール=木寺もも子】トルコの捜査当局は23日、同国に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)の交換業者「トデックス」の関係者60人超を拘束した。アナトリア通信が伝えた。21日ごろからインターネット上の口座にアクセスできなくなったなどとして、利用者らが詐欺などの疑いで告訴していた。

当局は20億ドル(約2200億円)の顧客資金を持って国外に逃亡したとされる創業者を国際指名手配した。地元メディアによると、トデックスでは約39万人が計数百億~1000億円超規模の資産を取引していた。トデックスは声明で詐欺などの疑いを否定し、取引は外部からの投資案件を完了させたうえ、数日で再開するとしている。

当局は23日、別の交換業者「ウェビットコイン」に対する捜査を開始したとも明らかにした。この業者も取引を停止したもようだ。

トルコではインフレ率が16%に達し、通貨リラは今年に入って1割下落するなど不安定な状況が続く。市民の間では資産防衛や投資の手段として仮想通貨の人気が高まっている。中央銀行は16日、仮想通貨への規制が不十分でリスクが高いなどとして、買い物などの決済に使うことを禁止すると発表していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン