/

この記事は会員限定です

「蜜月」から「対抗」へ 反中に傾く欧州、3人の実力者

潮流2022・動かす力①

[有料会員限定]

2022年は米中が対立を深める中で、アジア各国や欧州のスタンスがさらに問われることになる。秋の米中間選挙や中国共産党大会も国際政治の変動要因だ。外交当局者の注目を集める世界各地の実力者たちの動きから国際政治の流れを占う。

欧州は1年前には「蜜月」が目立った対中姿勢を「対抗」へと転換させた。欧州連合(EU)の欧州議会は人権問題を巡って中国との制裁合戦を繰り広げ、20年末にEUと中国が大筋合意した投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン