/

EU、ウクライナ・モルドバを「加盟候補国」と承認

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)は23日開いた首脳会議で、ウクライナとモルドバに加盟候補国の地位を付与することを承認した。EU加盟に向けて具体的な交渉に入ることになる。ロシアの侵攻を受けて、EUがウクライナ側に立つ姿勢を鮮明にした格好だ。

EUのミシェル大統領は23日夜の記者会見で「歴史的な瞬間だ」と称賛した。フォンデアライエン欧州委員長は「あなた方は我々欧州の家族の一員だ」と歓迎した。フランスのマクロン大統領は「我々はウクライナ、モルドバ、欧州のために新たな一歩を踏み出した」と表明した。

ウクライナのゼレンスキー大統領はツイッターに「ウクライナの将来はEUにある」と書き込んだ。モルドバのサンドゥ大統領は「(加盟に向けて)改革を進めていく」とツイートした。

EUの執行機関である欧州委員会が17日、両国を加盟候補国として認めるよう加盟国に勧告していた。承認には全27加盟国の同意が必要だった。

深刻な汚職や経済発展の度合いを懸念して、ウクライナの候補国入りに慎重な加盟国も少なくなかったが、EUとしてウクライナに寄り添う姿勢を示した。ロシアの侵攻が続くウクライナに、将来のEU加盟という希望が保たれた。

ウクライナとほぼ同じタイミングで加盟申請したジョージアについては、欧州委が指摘した問題点が改善された時点で候補国にする方針を示した。

ただウクライナなどとEUとの加盟交渉が始まっても、すんなりと実現するわけではない。法や自由、金融サービス、税制など35分野でEU基準に合わせるなどの改革が必要なためだ。実際の加盟には10年前後かかるとの見方もある。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン