/

この記事は会員限定です

EU、財政ルール凍結1年延長を提案 ウクライナ侵攻受け

[有料会員限定]

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)の欧州委員会は23日、財政ルールの凍結期間を1年間延長する案を公表した。従来は2022年までだったが、23年まで延ばす。ロシアによるウクライナ侵攻や高インフレなど経済環境が不安定になっているため、柔軟な財政政策を認めて景気を下支えする。

EUの財政ルールは財政赤字を国内総生産(GDP)比で3%以内、公的債務残高を60%以内に抑えるよう求める。新型コロナウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン