/

6月のユーロ圏PMI、15年ぶり高水準 需要急増で

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
欧州ではレストランが再開され、経済の正常化が進んでいる(ローマ)=ロイター

【ベルリン=石川潤】欧州経済の回復の勢いが増している。英IHSマークイットが23日公表したユーロ圏の6月の購買担当者景気指数(PMI、総合)は速報値で59.2と、金融危機前の2006年6月以来、15年ぶりの高水準となった。ワクチン接種が進み、製造業からサービス業まで幅広い範囲で需要が急回復しているためだ。

新型コロナウイルスが猛威をふるっていた時期には、米中への輸出が好調な製造業が堅調な一方、サービス業は低迷していた。23日発表のPMIは製造業が前月と同じ63.1で高い水準を維持したほか、サービス業も58と前月より2.8ポイントも上昇した。経済の二極化が解消に向かい、景気回復の力強さが増してきた。

IHSマークイットのクリス・ウィリアムソン氏は「ユーロ圏経済が過去15年なかった速度で急拡大している」と指摘。2四半期連続でマイナス成長だった域内総生産(GDP)が4~6月に「めざましい拡大」となり、7~9月は「さらに強い成長」になるという見通しを示した。

ユーロ圏の物価上昇率は5月、欧州中央銀行(ECB)が目標とする2%に到達した。ただ、エネルギー価格上昇の影響が大きく、エネルギー・食料を除いた上昇率は1%にとどまっている。ECBは「物価上昇率は一時的」として粘り強く緩和を続ける姿勢を強調している。

今後も景気回復が進めば、物価全体への影響が大きいサービス価格が高まり、物価全体をさらに押し上げる可能性がある。ECBは景気・物価の持続性を慎重に見極めつつ、危機対応の異例の金融緩和からの出口について秋以降に議論を進める見込みだ。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン