/

ロシア反体制派ナワリヌイ陣営、50万人参加で抗議再開へ

ロシアの刑務所に収監された反体制派ナワリヌイ氏(15日、同氏のインスタグラムから)=ロイター

【モスクワ=小川知世】ロシアの刑務所に収監中の反体制派指導者ナワリヌイ氏の陣営は23日、同氏の解放を訴える抗議デモの再開にむけた計画を発表した。インターネット上に開設した専用サイトでデモの参加者を募り、50万人に達したら具体的な日程を決める。「ロシア史上最大」の抗議デモをめざし、政権に圧力をかけたい考えだ。

ナワリヌイ氏の解放を訴える抗議デモは1月23、31日に全土で実施され、近年で最大規模の反政権デモとなった。当局が拘束した参加者は1万人を超え、同氏陣営は抗議デモを春まで一時休止すると表明していた。

23日に発表された計画によると、抗議デモの参加者は専用サイトの地図上で、参加を希望する地点に印を付けてメールアドレスを登録する。発表から10時間で、約12万人が参加を表明した。

ナワリヌイ陣営は参加者数や場所をサイト上で可視化することで、抗議デモに加わるのを決めかねている市民らの動員につなげたい考えだ。同陣営は「プーチン(大統領)は恐怖を操るのが得意だ」と述べ、数十万人が集まれば治安機関も参加者への圧力を弱めざるを得ないと主張した。「最大の敵は無関心だ」とも訴えて支持を呼びかけた。

ナワリヌイ氏は2020年8月にロシア国内で毒殺を図られ、21年1月に療養先のドイツから帰国直後に拘束された。裁判所は同氏が過去に受けた有罪判決の執行猶予を取り消し、実刑に切り替えた。現在はモスクワの東に位置するウラジーミル州で刑務所に収監されている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン