/

この記事は会員限定です

侵攻3カ月、急伸するルーブル 制裁下で需給に偏り

(更新) [有料会員限定]

【ロンドン=篠崎健太】ロシアのウクライナ侵攻開始から24日で丸3カ月を迎えた。ロシアの通貨ルーブルは当初こそ急落したが、3月半ばから切り返して侵攻前より大幅に高くなっている。資本規制や輸入減少が外貨の需要を抑える一方でエネルギー輸出は続き、通貨の需給が大きく偏っているためだ。ロシアにとってルーブル高は財政の圧迫要因で、当局は通貨防衛策の見直しを急ぎ始めた。

23日は本国市場のモスクワ取引所で1ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン