/

ネタニヤフ氏、禅譲ご破算狙う イスラエル3月総選挙

イスラエルのネタニヤフ首相は汚職疑惑で批判を浴びている(22日、エルサレム)=ロイター

【カイロ=久門武史】イスラエルで23日、国会(一院制)が解散した。2021年3月に総選挙を実施する。ネタニヤフ首相は汚職疑惑などで国民の反発は強いが、通算14年以上務める首相職の続投を狙う。緊密な関係を築いたトランプ米大統領が退くなか、対米関係も焦点になる。

「選挙を強いられても我々は勝利するだろう」。ネタニヤフ氏は22日、2年で4度目の総選挙となる異例の事態についてこう強調した。

国会の解散は、連立政権内の対立で23日午前0時の期限までに予算案を承認できなかったためだ。5月に発足した連立政権で、首相の与党右派リクードと中道政党連合「青と白」は、20~21年の予算を通すことで合意していたが、ネタニヤフ氏が単年度予算を主張し、守らなかった。

連立合意では、ネタニヤフ氏が21年11月に「青と白」を率いるガンツ国防相に首相ポストを譲ることが条件だった。総選挙で禅譲をご破算にすることがネタニヤフ氏の狙いだったとの見方がある。連立政権は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、危機対応を優先するための「挙国一致内閣」だった。

ネタニヤフ氏は支持基盤の保守層にアピールする実績を急ピッチで積み重ねている。今夏からアラブ首長国連邦(UAE)などアラブ諸国と矢継ぎ早に国交正常化で合意し、イスラエルが占領するパレスチナ自治区でのユダヤ人入植地の拡大を加速した。

トランプ氏はイスラエルの安全を重視する米国内の支持基盤を意識し、ネタニヤフ氏と緊密な関係を築いた。エルサレムをイスラエルの首都と認定し、イスラエルの総選挙を控えた19年3月には国際社会の立場に反してゴラン高原の主権を同国に認めた。ネタニヤフ氏への露骨な後押しとなった。

バイデン次期米大統領はイスラエルに過度に肩入れしたトランプ政権の政策を修正する見通しだ。イスラエルによる占領地での入植活動にはかねて批判的だ。イスラエルが批判するイランとの核合意への復帰も示唆している。

ネタニヤフ氏と、バイデン氏が副大統領を務めたオバマ米前政権は入植活動などを巡って関係が悪化した経緯がある。イスラエルの安全保障にとっては米国との同盟は不可欠なだけに、バイデン次期政権とどのような関係を築くかが焦点の一つになりそうだ。

ネタニヤフ氏の首相在任期間は14年以上と、同国で最長となった。世論調査では与党リクードが優位に立つものの、勢いが続く保証はない。ネタニヤフ氏と党首選で争ったサール元内相が離党し、新党「新たな希望」を立ち上げ支持を集めている。

ネタニヤフ氏は自らの汚職疑惑で批判を浴びている。検察が収賄、詐欺、背任の3つの罪で19年に起訴した。公判の行方が選挙戦を左右する可能性もある。ガンツ氏は「ネタニヤフ氏は法廷に立つのを避けるためだけに選挙に持ち込もうとしている」と批判した。

新型コロナを巡っても政権の対応がやり玉に上がっている。人口900万人のイスラエルで累計の感染者数は37万人を超え、厳しい行動制限で経済は冷え込んだ。ネタニヤフ氏の退陣を求める市民のデモが続いている。

ネタニヤフ氏は19日、新型コロナワクチンを同国で初めて接種する様子をテレビで生中継した。「1人にとっては小さな一刺しだが、全員の健康にとって大きな一歩だ」と国民に接種を呼び掛けた。変異種の感染急拡大を受け、外国人の入国を原則禁止するなど経済への打撃はさらに増す。投票日に感染拡大が落ち着いているかは見通せず、ネタニヤフ氏への逆風が強まる可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン