/

ロシア大統領経験者に免責特権、プーチン氏が法案署名

【モスクワ=小川知世】ロシアのプーチン大統領は22日、改正憲法で大統領経験者に不逮捕特権を与えると定めたのを受け、大統領経験者が生涯にわたって訴追されない権利を保障する改正法案に署名した。従来は在職中の行為のみが免責対象だった。自らの退任に備えた動きとみられる。

改正法によると、大統領経験者は刑事、行政責任を問われず、当局による尋問や捜索などを免れる。国家反逆罪などの重大な罪に問われた場合も、免責特権の剝奪には最高裁の承認や上下両院の3分の2以上の賛成などが必要になった。

改正憲法は7月に発効し、2024年に現在の通算4期目の任期が切れるプーチン氏の5選出馬を可能にする条項が盛り込まれた。大統領経験者の訴追を防ぐ法整備が進むなか、同氏が早期に辞任するとの観測も浮上している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン