/

この記事は会員限定です

ポーランド右派政権、広告税法案を準備 メディアへ圧力

[有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】欧州連合(EU)に加盟するポーランド政府がメディアの広告収入に課税する法案の準備を進めている。新型コロナウイルスの影響で広告が減る民間のテレビ局や新聞社は「ジャーナリズムを脅かす行為だ」と批判する。右派ポピュリズム(大衆迎合主義)の与党が進める政策で、加盟国に言論の自由の尊重を求めるEUは懸念を強める。

「あなたのお気に入りの番組はここで放映するはずでした」。ポーランドのテ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り785文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン