/

ゼレンスキー氏「最大限の制裁を」 ダボス会議で訴え

(更新)

【ダボス(スイス東部)=南毅郎】ウクライナのゼレンスキー大統領は23日、世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)でオンライン形式で演説した。侵攻を続けるロシアを非難したうえで「最大限の制裁が必要だ」と、ロシア産エネルギーの全面禁輸や金融機関の全面排除など圧力強化を求めた。ロシア軍による北部チェルニヒウ州の村への空爆で17日に87人が死亡したことも明らかにした。

演説ではウクライナの財政運営に少なくとも1カ月50億ドル(約6300億円)規模の支援が必要との認識を示した。ロシアの資産を凍結した上で「戦争で影響を受けた人々を助けるために提供されるべきだ」と指摘。ロシアの侵攻で滞る穀物などの輸出再開へ周辺国と協議を進めていることも述べた。

ダボス会議は26日まで、国家首脳や企業幹部ら2500人近くが参加する。新型コロナウイルス禍の影響で対面形式での開催は2年ぶりだ。北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長なども参加する予定で、ウクライナ危機のほかインフレや世界経済の見通しについても議論を交わす。

ウクライナ最高会議(議会)は22日、ロシア軍による侵攻が始まった2月24日から敷かれている戒厳令について、さらに3カ月延長すると決めた。これまで1カ月ごとの延長だった。長期戦は不可避と判断したとみられる。

東部ルガンスク州の知事は22日、同州のセベロドネツクにロシア軍が4方向から侵入しようとし、ウクライナ軍が撃退したと表明した。ロシア軍の前進のペースは限られているもようだ。

ロシアはルガンスク、ドネツク両州の東部ドンバス地方の制圧を急ぐが、米シンクタンク「戦争研究所」は「ロシア軍の東部での22日の前進はごく限られた」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシアがウクライナに侵攻しました。NATO加盟をめざすウクライナに対し、ロシアはかねて軍事圧力を強めていました。米欧や日本は相次いでロシアへの制裁に動いています。最新ニュースと解説をまとめました。

■最新の戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン