/

英最新鋭空母が出航 日本に寄港、中国にらむ

22日、英空母クイーン・エリザベスがインド太平洋地域に向けて出航した= AP

【パリ=白石透冴】英国の最新鋭空母「クイーン・エリザベス」が22日、南部ポーツマスからインド太平洋地域に向けて出航した。中国の海洋進出を抑止する狙いがある。日本にも寄港する予定だ。

クイーン・エリザベスは英海軍史上最も大きな空母で、最新鋭ステルス戦闘機F35Bなどを搭載する。出航前にエリザベス女王が訪れ、船員らと言葉を交わした。英国防省は同日、ツイッターで空母が「40カ国との演習や交流に参加する」と明らかにした。

空母は駆逐艦やタンカーを伴って4万1千キロ以上を航行し、シンガポールやインド、韓国へも立ち寄る。自衛隊のほかオーストラリアやフランス、ニュージーランドなどの海空軍との共同演習も実施する予定だ。

空母の派遣によって南シナ海で軍事拠点化を進める中国の活動を抑える。ウォレス英国防相は4月に「派遣は国際秩序への脅威に立ち向かう我々の意思を示すものだ」との声明を発表した。

英国は数年前までは中国と比較的良好な関係にあった。香港への統制強化などを受けて対中姿勢を硬化させた。

3月に発表した外交・安全保障の方針で中国を「経済安全保障上の最大の国家的脅威」と定義した。英国は寄港先の各国との信頼関係を深め、経済的な交流を促すことも目的とする。

欧米各国は2021年に入り、インド太平洋地域の安全保障への関与を急速に深めている。日米仏オーストラリアの4カ国は今月、離島防衛を想定して共同で訓練した。

ドイツは今夏にもフリゲート艦を同海域に派遣する。アジア太平洋地域の安全保障問題に関わるのに慎重だったドイツが艦船を送るのは異例だ。

欧州は中国への警戒感を高めている。香港問題のほか新型コロナウイルス発生初期の対応や新疆ウイグル自治区での人権問題などが影響している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン