/

欧州委、ガス価格上限275ユーロを提案 1メガワット時

think!多様な観点からニュースを考える

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)の欧州委員会は22日、導入を検討している天然ガスの価格上限について、1メガワット時あたり275ユーロに設定することを提案した。価格高騰による経済への影響を和らげる狙いだが、足元の実際の価格との差は大きく、加盟国間で合意できるかは不透明だ。

上限が発動されるのは、域内の指標価格であるオランダTTFが275ユーロを2週間にわたって上回り、さらに世界の液化天然ガス(LNG)価格との差が58ユーロ高くなるなどした場合となる。

EU加盟国は24日の臨時のエネルギー相理事会で議論するが、足元ではTTF価格は120ユーロ前後で推移している。価格上限を求める欧州東部や南部の加盟国からは実効性に乏しいとの異論が出そうだ。

シムソン欧州委員は22日の記者会見で「これは特効薬ではないが、必要なときに使える強力な手段だ」と述べた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

物価高・値上げ

世界的なインフレの波が日本にも押し寄せています。物価上昇はいつまで続き、経済や企業経営、人々の生活にどのような影響を及ぼすのでしょうか。国内外の重要ニュースや最新の解説記事をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン