/

この記事は会員限定です

フランス大統領選、再選はシラク氏以来 政治不安定化で

(更新) [有料会員限定]

【パリ=白石透冴】フランスの現職大統領の再選は、シラク氏(死去)が2002年に続投を決めて以来20年ぶりだ。近年は政治が不安定化し、大統領が1期で代わる傾向にあった。

前大統領の中道左派オランド氏(12~17年)、2代前の中道右派サルコジ氏(07~12年)ともに2期目はかなわなかった。オランド氏は不人気で、2期目への出馬そのものを諦めている。

08年のリーマン・ショックや10年以降の欧州債務危機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン