/

この記事は会員限定です

「ポレグジット」 ポーランドのEU離脱の現実味は

ウィーン支局 細川倫太郎

[有料会員限定]

英国が完全離脱した欧州連合(EU)。いばらの道を経て「ブレグジット」がようやく決着したが、右派ポピュリズム(大衆迎合主義)政権が率いる東欧ポーランドでもEU離脱の可能性をささやく声が出てきた。その名も「ポレグジット」。ただ、今のところは本気で離脱するとみる向きはほとんどない。経済を大きく依存するEUに別れを告げるのは現実的には難しい。

「ポーランドはEU加盟の『質』を評価する時が来ている」。1月、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2073文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン