/

この記事は会員限定です

ソ連崩壊から30年 綻ぶロシアの求心力

2021年 世界の転換点(下)

[有料会員限定]

2020年12月18日、旧ソ連諸国がオンラインで開いた独立国家共同体(CIS)(CIS)首脳会議は、アリエフ・アゼルバイジャン大統領の独壇場だった。「多くの占領地を奪回した」。昨秋に再燃したナゴルノカラバフ紛争の戦果を誇った。もう一方の当事国で、同じCIS加盟国でもあるアルメニアのパシニャン首相が欠席するなか、演説は1時間近く続いた。

CISは1991年12月のソ連崩壊と同時に創設が発表された。旧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1011文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン