/

この記事は会員限定です

Googleに正式調査 欧州委、独禁法違反の疑い

[有料会員限定]

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)の欧州委員会は22日、米アルファベット傘下のグーグルを競争法(独占禁止法)違反の疑いで正式な調査を始めたと発表した。グーグルがデジタル広告のデータ利用を制限し、競争をゆがめた懸念がある。

欧州委はグーグルが広告スペースを販売する「発行元」であると同時に、広告主との仲介など幅広い広告関連サービスを手掛けると言及した。広告の利用者データについて、グーグルは自社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン