/

イタリア、国内移動に「ワクチン証明書」発行 

パスの発行で観光などを楽しめるようにする(ローマ中央駅)=ロイター

【ウィーン=細川倫太郎】イタリア政府は21日、新型コロナウイルスのワクチン接種や検査での陰性を証明する「グリーンパス」を発行すると発表した。26日から有効で、携帯していれば行動制限が厳しい地域にも移動できるようになる。国内の感染者が徐々に減少しており、規制も段階的に緩和する。

パスはワクチンを接種した人や、感染後に回復した人を対象に発行する。有効期間は6カ月間。他の欧州連合(EU)加盟国が発行したパスも同様の効力を認める。PCR検査などで陰性になった人向けのパスは48時間有効にする。

イタリアではミラノがある北部ロンバルディア州など多くの州で、厳しい外出規制を導入している。パスを持参すれば州間の移動も認める。他地域での観光や買い物が楽しめるようになり、経済活動を後押しする。虚偽の申告をしてパスを取得すれば、厳しい罰則が科される可能性がある。

イタリアの1日あたりの新規感染者は約1万4000人。依然高水準だが、感染の「第3波」だった3月中旬のピークからは半分程度にまで減っている。26日からは一部の地域で、飲食店での屋外営業を認めるほか、映画館や劇場も再開する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン