/

この記事は会員限定です

サイバー対策で共同機関、欧州委設置へ 中ロの攻撃に対処 

[有料会員限定]

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)がサイバー攻撃対策に本腰を入れる。EUや加盟国の既存機関の機能を横断的に調整する部署を設ける。これまでは限定的な分野や地域での対応しかできなかった。中国やロシアなどからのサイバー攻撃が増加し、巧妙さも増していることから、EU全体での対策が不可欠と判断した。

EUの欧州委員会が23日、「共同サイバーユニット」の具体案を公表した。2022年の稼働をめざす。EU...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1353文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン