/

イタリア、飲食店利用はワクチン証明が義務 感染再拡大

ドラギ首相は記者会見でデルタ型の脅威を強調した(22日、ローマ)=AP

【ウィーン=細川倫太郎】イタリア政府は22日、飲食店や映画館の利用時にワクチン接種などを記録した「グリーンパス」の提示を義務付けると発表した。8月6日から適用する。欧州でもインド型(デルタ型)の変異ウイルスが猛威を振るい、規制の強化に追い込まれる国が増えている。

ドラギ首相は記者会見で「デルタ型は脅威だ」と強調した。周辺国での急速な感染拡大に言及し「迅速に行動しなければイタリアでも同じことが繰り返される」などと訴えた。緊急事態宣言は12月末まで延長する。ナイトクラブも閉鎖したままにする。

グリーンパスは、少なくとも1回のワクチン接種や48時間以内の検査での陰性、新型コロナウイルスからの回復を記録したもので、イタリア当局が発行している。飲食店やスポーツジム、美術館、テーマパークなどに入る際にはグリーンパスの提示を求める。違反した事業者や国民には罰金を科す。

サッカー欧州選手権のイタリア代表の優勝パレードでは、人だかりができた(12日、ローマ)=AP

イタリアでは7月に入って感染者が増えている。伊保健省が22日発表した1日あたりの新規感染者は5057人と1週間前に比べ倍増した。サッカー欧州選手権のイタリア代表の優勝を受け、多くの人が密になって祝い、首都ローマで12日に開かれた優勝パレードでも人だかりができた。これによって感染が広がったとの声は多い。

イタリアでは12歳以上の人口の5割強がワクチン接種を完了しているが、若者の接種は遅れている。ドラギ首相は「すべてのイタリア人にワクチンを接種してほしい」と呼びかけ、接種スピードを速める必要があるとの認識を示した。

デルタ型の流行で、欧州各国は規制の再強化に追い込まれている。

スペイン北東部のカタルーニャ州バルセロナは先週末、夜間外出禁止措置を発令した。フランスも8月からは飲食店や飛行機を利用する際に、ワクチン接種や検査での陰性の証明書の提示を求める。多くの人が移動する夏のバカンスシーズンが終わって、秋以降の感染の加速を懸念する声も出ている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン