/

トルコリラ急落、3カ月ぶり安値 中銀総裁の更迭で

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える
アーバル前中銀総裁下で回復したトルコリラは再び下落リスクにさらされている=ロイター

【イスタンブール=木寺もも子】トルコの通貨リラが22日、外国為替市場で急落し、足元では対ドルで1ドル=8.1リラ台と約3カ月ぶりの安値水準で推移している。20日にエルドアン大統領が金融引き締めを掲げていた中央銀行総裁を更迭したことで利下げの観測が強まり、投資家がリラを売った。

更迭されたアーバル前総裁は2020年11月の就任以降、インフレ抑制のために相次ぐ利上げに踏み切った。市場は歓迎し、リラは同月に付けた史上最安値圏から前週末時点で2割近く回復していた。だが、エルドアン氏は金利の引き上げは景気後退につながるとして一貫して反対しており、アーバル氏の金融政策に不満を募らせているとの見方があった。

新たに就任したカブジュオール総裁はアーバル氏の引き締め策を批判していたため、市場では20日以降、トルコ中銀が再び金融緩和に転換するとの見方が広がった。大統領が頻繁に総裁を更迭する中銀の独立性への信頼感も失墜した。

カブジュオール氏は21日に出した初の声明で、早期の利下げにつながる臨時の金融政策決定会合を開く可能性を否定。物価の安定を重視する考えを述べて、週明けにリラ暴落が起きないようけん制した。

トルコでは18年8月、リラが前日比で一時18%超下落し、ほかの新興国にも波及する通貨危機「トルコショック」が起きた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン