/

ロシア、米副大統領ら入国禁止に 制裁への報復措置

(更新)

【ドバイ=福冨隼太郎】ロシア外務省は21日、ハリス米副大統領ら29人に対し、ロシアへの入国を禁止すると発表した。ウクライナ侵攻で米国がロシアに課した制裁に対する報復措置で、メタ(旧フェイスブック)のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)らを含む。

ロイター通信などが報じた。制裁リストにはヒックス国防副長官やカービー国防総省報道官ら米政府関係者や財界関係者らが含まれている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響  ■調査報道

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン