/

この記事は会員限定です

欧州サッカー「新リーグ」はや頓挫 構造問題浮き彫りに

(更新) [有料会員限定]

【ウィーン=細川倫太郎】欧州サッカーの12の強豪クラブが創設で合意した「欧州スーパーリーグ(ESL)」構想が崩壊の危機にひんしている。ファンや政界からの批判がやまず、大半のクラブが撤退を表明した。今回の騒動からは、移籍価格の高騰や巨額負債で圧迫された経営などサッカービジネスの構造問題が浮かび上がる。

スペインリーグ会長「消滅したと思う」

「消滅したと思う」「彼は嘘をついている」――。22日、スペイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1643文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン