/

この記事は会員限定です

消えるタカ派、「個人的理由」で独連銀ワイトマン氏退場

[有料会員限定]

ドイツ連邦銀行(中央銀行)のワイトマン総裁が20日、突然退任の意向を明らかにした。欧州中央銀行(ECB)の理事会メンバーで金融緩和に慎重なタカ派の代表格だが、異例の緩和を進めるECBの中で孤立を深めていたとの見方がある。ECBの金融政策が緩和路線に一段と傾く可能性もある。

「10年余りというのはよい区切りだ」。2011年5月に就任し、21年末に退任すると決めたワイトマン氏はこんなメッセージを連銀...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1399文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中銀ウオッチ

「中銀ウオッチ」は、米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)、その他新興国の中央銀行の動きを分析し、政策の先行き、影響を掘り下げます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン